ホームページコンタクトレンズコンタクトレンズのタイプ

コンタクトレンズ装用者へのアドバイス

コンタクトレンズを初めて装用する人 はもちろん、経験者でも、コンタクトの装用に関する実際的な疑問を持っている人は少なくありません。

ここでは、コンタクトレンズに関する日常的な悩みに役立つアドバイスをいくつか紹介します。

1. コンタクトレンズが裏返しになってる可能性は?

ソフトコンタクトレンズを使っている場合、裏返しになっているかどうか見分けが付かないことがあります。

コツは、レンズがコップの形になるように指先に乗せてみることです。指先に乗せた状態でレンズを目の前にかざし、コップの側面から良く見ます。

レンズが「Uの字型」になり、レンズの上端が外向きに広がっている場合は、裏表が逆になってます。普通に「Uの字型」をしているだけなら、正しい側になっています。

レンズに色が付いている場合は、レンズを指先に乗せて、真上から見下ろす方法もあります。染色レンズの端は、強いブルー(レンズの色によってはグリーン)に見えるはずです。裏表が逆の場合は、ブルーが見えません。

また、一部のコンタクトレンズでは、ブランド名などがレンズの縁にレーザーでマーキングされています。正しく読めるということは、レンズが裏返しになっていないということを意味します。

万が一、コンタクトレンズを裏表で装用してしまっても心配ありません。違和感はありますが、目を傷つけることは通常ありません。

2. コンタクトレンズの装用

コンタクトレンズを装用する前には、まず手をよく洗ってください。レンズに付着する可能性のあるラノリンや保湿ローションを含んでいる石鹸や香りのある石鹸は避けましょう。

また、左右を間違えて入れないよう、常に同じ側の目から装用するようにしてください。

コンタクトレンズの装用に関する、その他の基本ガイドラインは以下のとおりです。

  • ケア洗浄液が入ったレンズケースを軽く振って、コンタクトレンズをケースの内側から緩めます。(レンズを指で引っ張ったりしないでください。レンズを損傷する可能性があります。)

  • レンズをスライドさせ、ケースから手のひらに移動させます。適切なコンタクトレンズのケア洗浄液で十分にすすいでください。

  • コンタクトレンズを人差し指または中指の先に置きます。指先は乾いているか、ほぼ乾いた状態である必要があります。

  • もう一方の手の指で上まぶたを上に引き上げ、下まぶたを下に引き下げます。

  • 上方あるいは前方を見るようにしながら(どちらでもやりやすい方向で構いません)、レンズを眼球の上に乗せます。あるいは、耳に近い方の 白目 の上に乗せても大丈夫です。

  • レンズを乗せたら目をゆっくりと閉じて、眼球をぐるりと円を描くように回して、レンズが落ち着かせてからまばたきをしてください。

  • 鏡を覗き込んで、レンズが眼球の中央にあることを確認してください。ちゃんと中央に乗っていれば違和感もなく、視界もクリアに見えているはずです。

3. コンタクトレンズの取り外し方

コンタクトレンズを外す前に、必ず手を洗ってください。洗面台の前に立っている場合は、清潔なペーパータオルを使ってコンタクトレンズが誤って落ちてしまわないよう排水管を覆ってください。

ソフトコンタクトレンズを外すには、下まぶたを引き下げながら目は上方または横を見るようにしましょう。レンズが白目の上に来るよう、指でレンズを優しく動かします。人差し指と親指でレンズを優しくつまんで、目から取り出します。

コンタクトレンズの取り外しを習得するまでは、うっかり目を引っ掻いたり傷つけてしまわないよう、手の爪は短くしておくことをお勧めします。

酸素透過性コンタクトレンズ の場合は自分の身体の前で片手の平を広げ、その上に屈みこんで目を大きく開くだけで外すことが可能です。もう一方の指で、上下まぶたの間の皮膚を(目のキワから少し外側)耳の方向に軽く引っ張り、目を大きく広げてください。そして、まばたきします。それだけでコンタクトレンズが外れて、広げた手の平に落ちてくるはずです。

もう1つの方法は、オンラインなどで販売されている酸素透過性レンズ取り外し用のシリコンデバイスを使用するやり方です。

このデバイスは小型で柔軟性があり、片側に小さな吸引カップが付いています。吸引カップがついている方を酸素透過性レンズの表面にそっと触れさせ、レンズを目から取り出します。

(これらデバイスを使う際は、目の表面など、レンズ以外には触れないようにしてください。)

4. アイメイクとコンタクトレンズ

化粧品が目に入ってしまうのは、ただでさえ厄介です。しかし、コンタクトレンズを装用している場合はもっと最悪です。レンズにくっついてしまったり、流し出されず逆にレンズの裏側に入りこんでしまう場合もあります。

以下のアドバイスに従って、メイク関連のコンタクト問題を予防してください。

  • 必ず、メイクを始める前にコンタクトレンズを装用してください。また、コンタクトに触れる前にはオイルやクリーム、ローションがレンズにつかないよう、手をよく洗いましょう。

  • 非アレルギー性の化粧品のみ使用してください。

  • クリームアイシャドウは、パウダーよりも目に入る可能性が少なくなります。しかし、万が一目に入った場合の刺激はクリームの方が強くなります。オイルベースではなく、ウォーターベースのクリームを選んでください。

  • パウダーの方が好みの場合、メイク中は目を閉じましょう。そして、目を開く前に余分なパウダーをブラシで十分落とします。

  • まつ毛と目の間にインラインを引くのはやめましょう。アイラインを引く時は、目の表面からは十分離れたまつ毛部分に引くようにしてください。

  • アイメイクを落とす時は、まず手を洗って乾かします。それから、メイクにコンタクトが触れないよう注意しつつ、コンタクトを取り出します。最後に、アイメイクリムーバーを使ってアイメイクを落としてください。

  • アイメイクは頻繁に、少なくとも3か月ごとに交換しましょう。古くなったアイメイク化粧品は使わないようにしてください。時間が経つにつれて化粧品の中に細菌が混入し、目に入ると感染の原因になります。化粧品の臭いがおかしいと思ったら、使用するには古くなっています。また、アイメイク化粧品を他人とシェアして使うのは絶対にやめてください。

5. コンタクトレンズと紫外線

研究者によると、 白内障の形成には 紫外線(UV) が関与しています。また、過度の紫外線への曝露は、光線角膜炎と呼ばれる状態を引き起こす可能性が あります。

そのため、コンタクトレンズの中にはUVカット剤が含まれているものもあります。

コンタクトレンズにUVカット剤が含まれているかどうかは、レンズを見ただけでは分かりません。UVカット剤は視界を遮らないように透明になっているためです。コンタクトレンズにUVカット剤が含まれている場合は、パッケージに記載されています。あるいは眼科医に直接尋ねてください。

ここで非常に重要なのは、UVカット機能付きのコンタクトでは、サングラスの代わりにはならないと言うことです。コンタクトレンズがカバーしているのは 角膜のみで、目全体をカバーしている訳ではないからです。

UVカット100%の比較的大きめの サングラス をかけて、目とその周囲のデリケートな肌を紫外線のダメージから守ってください。UVカット機能付きコンタクトには、太陽光の有害な紫外線に対し、補助的な保護機能しかありません。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから