ホームページアイケア老眼夜間運転を改善:夜間に使用するメガネのヒントとアドバイス

夜間運転を改善:夜間に使用するメガネのヒントとアドバイス

雨の夜のドライブ

夜間の運転は、最も困難な視覚作業の1つです。

高齢ドライバーで、夜間運転時の視力が心配な場合は、以下のヒントを参考にして、夜間の視力をできるだけクリアにしてください。

  • 少なくとも2年に1回、総合的な眼科検診を受けましょう。メガネ処方の変化が軽度でも、メガネを更新するように してください。

  • 前回の眼科検診以来、視力に変化があると感じた場合は、直ぐに次の眼科検診の予約を入れましょう。

  • 視野や コントラスト感度 の評価など、専門検査を受けられるよう、夜間の運転中に何か問題を経験した場合には、眼科医に その旨を伝える ようにしてください。

  • 糖尿病を患っている場合は、年に1回、または眼科医が勧める頻度で検査を受けるようにしましょう。糖尿病網膜症のリスクを減らすため、食事、血糖値の管理、インスリン、およびセルフケアに関する医師の推奨事項に 従ってください。糖尿病網膜症を発症すると、前触れもなく重度の視力喪失を引き起こす可能性があります。

眼科医を検索: 眼科医による視力評価を受ければ、夜間もよく見えるようにすることが可能です。お近くの眼科医を探してください。

  • 夜間の道路での視認性を高めるための特殊な メガネ の処方を眼科医に依頼しましょう。反射防止コート が施されたレンズは視認性を高め、グレア(まぶしさ)を軽減します。 

  • 白内障手術を受ける場合は、濁った水晶体を非球面眼内レンズに交換することについて医師に相談しましょう。非球面眼内レンズは、従来の球面眼内レンズを使用した場合よりもコントラストの感度が良く、 よりクリアな視界が得られるように設計されています。

  • 交差点に近づくときは特に注意してください。高速道路安全保険協会(Insurance Institute for Highway Safety)の調査によると、高齢ドライバーが関与する死亡事故の40%は交差点で発生しています。衝突事故の最も一般的な原因は、特に左折時の不注意でした。

安全運転に関する専門家のアドバイス

ここでは、米国国立加齢研究所(U.S. National Institute on Aging: U.S. National Institute on Aging)が作成した夜間運転に関するヒントを紹介します。

  1. 運転は知っている道のみに限定し、暗くて明かりのない道路は避けましょう。

  2. 外出先は、家から近くすぐにたどり着ける場所に限定しましょう。

  3. ランプや左折などの危険な場所は避けましょう。

  4. 状態が悪い時は、運転時間を追加して計画を立てましょう。

  5. ストレスや疲れを感じたら運転するのはやめましょう。

  6. 運転に集中しましょう。車内では電話をチェックしてはいけません。

  7. 窓をきれいにしておきましょう。

  8. ヘッドライトの位置を揃え、ワイパーを新品にして、車の修理を怠らないようにしましょう。

また、数年ごとに運転講習を受けて、夜間運転のスキルを更新することも検討してください。自動車保険会社によっては、このようなコースを修了すると保険料が割引されることもあります。

上記の推奨事項を実行しても、夜間の運転が不安な場合は、友人や家族(有効な運転免許証を持っている人)に運転してもらいましょう。

短時間の移動の場合は、自宅に車を置いて、UberやLyft、または他の交通機関を利用してください。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから