ホームページアイケア視力関連情報ブラウンアイ:茶色のアイカラーのすべて

ブラウンアイ:茶色のアイカラーのすべて

茶色い目の女性

ブラウンは、世界的に他のどの色よりも一般的な目の色です。しかし、ブラウンの目の発生率は地理的に大きく異なります。

アフリカやアジアに住んでいる人は、ほとんどがダークブラウンの目をしています。中東でも、ダークブラウンの目が最も一般的です。しかしヨーロッパでは、ブラウンの目の発生率とその濃淡は地域によって大きく異なります。

米国では、人口の41%が、ダークブラウンやライトブラウン、ハニーブラウンなどの濃淡も含め、ブラウンの目をしていると推定されています。ブラウンアイの範疇に ヘーゼルアイ (ヘーゼルブラウンアイとも呼ばれる)も含めると、発生率はさらに高くなります。

しかし、発生率が高いからと言って、すべてのブラウンアイが同じように見えるというわけではありません。人によって外見にバリエーションが多く、ブラウンの目を持つことにより健康上のメリットもあります(詳細は後述)。

目の色がブラウンになる原因は?

目の色には、あまり一般的ではない ブルーアイグリーンアイなどさまざまな色がありますが、目の色素は1種類しかありません。あなたの目の 虹彩 に存在するこの色素(メラニンと呼ばれる)の量が、あなたの目の色を決定します。

虹彩にメラニンがほとんどない目の色はブルーになります。メラニンの量が少し多い目はグリーン、ヘーゼル、またはライトブラウンになります。そして、メラニン濃度が高い目が、ミディアムブラウンまたはダークブラウンになります。

目の色は遺伝的な特徴です。とは言え、家系図から目の色を予測するのは、意外と難しいものです。実際、最大16個の遺伝子が、目の色に影響を及ぼすというエビデンスがあります。

このため、同じ家族に生まれた子供がそれぞれ異なる目の色だったり、両親と異なる目の色をしていることがよくあるのです。遺伝子は複雑に変異し相互作用するため、子供の目の色が何色になるか断言するのは非常に難しいのです。

また、白人の新生児の多くは出生時にメラニンがほとんど無いため、生後数か月間は目が青く見えます。しかし、生後12~18か月以内には虹彩にメラニンが蓄積し始め、目の色がブルーからグリーン、ヘーゼル、またはブラウンに変化します。

ブラウンアイのメリット

ブラウンアイの人にはラッキーなことに、研究者たちによると、目の色がブラウンになるほどのメラニン濃度には、ある種の健康上のメリットがあるのだそうです。

ブラウンアイの人は、特定の病気にかかりにくい傾向にあります。例えば、ブラウンアイの人は、目の色が薄い人よりも加齢に伴う 黄斑変性症 の発症リスクが低いようです。

また、ブラウンアイの人はライトブルーに比べ、1型糖尿病や眼球メラノーマの発症リスクが低くなります。この他にも、ロンドンの国立神経学脳神経外科学病院による研究 では、ブルーアイの人は、環境騒音公害による聴覚 障害リスクが、ブラウンアイの人に比べて高いことが示唆されています。この研究の著者らは、メラニン色素が騒音による損傷から脳神経を保護するのに役立っている可能性があると考えています。

しかし、ブラウンアイに都合の良いニュースばかりではありません。

アメリカのピッツバーグ大学での研究 では、目の色が濃い女性の方が、目の色が薄い女性よりも出産時の痛みを強く感じるらしいことが分かっています。目の色が薄い女性は、ブラウンアイの女性よりも不安障害や鬱病、ネガティブ思考、睡眠障害が少ない傾向にあるという結果も出ています。

また、オーストラリアの研究者 によって、虹彩の色がダークブラウンの人は、目の色がより薄い色の人よりも 白内障になるリスクが高いことが分かっています。ですので、ブラウンアイの人は屋外では必ず サングラス を装用して、太陽光の 紫外線 からしっかり目を保護するようにしましょう。(多くの場合、明るい日差しの下では 偏光レンズのサングラス が最も快適です。)

ブラウンアイ の人は信頼性が高い?

目の色がブラウンだと、信頼性が高そうに見える、ということはご存じですか?

チェコ 共和国で行われた研究では、大学生たちに同期の学生80人(男性40人、女性40人、19~26歳)の写真を見せました。この研究の参加者には、写真に写っている同期学生の信頼性を10段階評価で評価してもらいました。

撮影された生徒たちは、笑ったりせずニュートラルな表情で、化粧や装飾品は付けずに撮影するよう指示されました。写真はすべて、首の長さも同じに見えるように揃え、目の位置も水平で皆同じ高さに位置するようトリミングされました。この研究には、ブルーの目とブラウンの目の学生の写真のみ使用し、ヘーゼルやグリーンの目の学生の写真は除外しました。

研究の結果、目の色がブラウンの人はブルーの人よりも 信頼性が高いと認識されたことが明らかになりました。

しかし実際は、目の色よりもう少し複雑な話なのです。

研究者らは、目の色と顔の形の間に関係があること、そして人の顔の形が信頼性の認識において重要な役割を果たしていることを発見しました。

ブラウンアイの人の顔は顎が丸く広い傾向があり、口が広く、口角が上向きで、目のサイズも比較的大きく、眉が近くなっています。それとは対照的に、ブルーアイの人の顔は、顔の下半分がより角張って目立ち、顎が長く、口幅が狭くて口角が下向きで、比較的小さな目、眉が離れ気味です。

この結果を受けて研究者らは「ブラウンアイの人はブルーアイの人より信頼性が高く見られる傾向にありますが」 「この印象の原因はブラウンアイそのものではありません。ブラウンの目に関連している顔の形態に起因するものです」と話しています。

目の色の選択肢

ブラウンアイの利点はいくつかありますが、他のアイカラーを試してみたいのであればそれも可能です。

現代では、ブラウンアイでも利用可能な カラーコンタクト が色々あります。近視や, 遠視 、あるいは 乱視矯正が不必要な人であっても、見た目の色だけ変えるカラーコンタクトが各種揃っています。お望みであれば、目の色をブラウンからライトブルーに変えることが可能なカラーコンタクトもあります。

コンタクトに挑戦する心の準備はできていないけれど、ブラウンアイをもっと「ポップ」な印象にする方法が知りたいですか?

すでに メガネを使っているなら、眼鏡専門店に出かけて目のブラウンを引き立ててくれる色のフレームを探してみましょう。また、反射防止コート のレンズも目の色を際立たせる効果があります。反射防止コートがメガネの反射を軽減し、表情豊かなブラウンアイの美しさがより引き立ちます。

また、ブラウンアイを引き立てるベストのアイシャドウとメイクアップ法を プロのエステティシャンから教わるのも良い方法です。あなたに似合うベストチョイスは、あなたの髪の色や肌のトーン、目の色素の濃淡など、さまざまな要因によって異なります。

Find Eye Doctor

お近くの眼鏡店を探す

こちらから